一戸建てを購入するまで

投稿者:

一戸建てを建てる一戸建てを購入するには、まず情報集めが重要です。集めるべき情報は様々で、住みたい地域の情報や住宅ローンの情報、ハウスメーカーの情報と多岐にわたります。希望するエリアの土地がどのくらいの価格であるか、生活環境はどのようなものか、物件の相場はどのくらいかということから借り入れる住宅ローンの金額がどのくらいになるのか、どこで借りるのが良いのかということをある程度シミュレーションしておきます。

情報収集をしたことで、建売住宅で住みたい物件が見付かればその見学をしますし、家を建てたいと思えば土地の見学やモデルルームの見学をしていきます。はじめは建売か注文住宅かこだわらずきになる物件はチェックしておくことが望ましいです。複数の物件を見学して比較検討することでこだわりたいポイントや妥協点、価格帯というものも見えてきます。

気に入った物件や土地、ハウスメーカーが決まれば契約をしていきます。契約の申込みと合わせて住宅ローンの事前審査を受けることになります。ローンを組むことができるのか、借り入れることのできる価格はいくらになるのかという仮審査を受けてその結果が出なければ家を建てていくことができません。借り入れることができる金額と購入したい家の金額とが合えば契約を結び建売住宅であれば、引渡しの話が進められ、注文住宅ならば設計が始まっていきます。